競泳 ジャパン オープン。 【競泳】佐藤翔馬が200平泳ぎV 日本記録に0秒07届かず「まだまだ足りないな」 (2021年2月7日)

ジャパンオープン2020競泳女子・結果速報・ライブ配信

ジャパン オープン 競泳 ジャパン オープン 競泳

1:51. 39 男 子 200m バタフライ 決 勝 瀬戸大也エントリー 名前 所属 タイム 1 本多 灯 ATSC. 入江陵介(イトマン東進/1990年1月24日):100m・200m背泳ぎ ロンドン五輪200m背泳ぎ銀メダル、100m背泳ぎ銅メダル。 15:54. 4:01. 79 男 子 200m 個人メドレーー 決 勝 瀬戸大也エントリー 名前 所属 タイム 1 萩野 公介 ブリヂストン. 1月のKOSUKE KITAJIMA CUPに続く、個人メドレー2冠を目指す。 坂井聖人(SEIKO/1995年6月6日):200m背泳ぎ、 200mバタフライ リオデジャネイロ五輪200mバタフライ銀メダリスト。

4
100mおよび200m背泳ぎ(長水路)の日本記録を保持している。 1:52. 2位だったことを悔しがりつつ「成長をすごく感じられた」と満足感も口にした。

ストーリー 池江璃花子は自由形50mで2位 競泳ジャパンオープン

ジャパン オープン 競泳 ジャパン オープン 競泳

(50m, 100m, 200m)• 去年、白血病から競技復帰を果たした池江選手は東京 江東区の東京アクアティクスセンターで行われている「ジャパンオープン」に出場しました。 瀬戸のほか、3人が五輪派遣記録をマークした。 そして、日本の得意種目である平泳ぎで2020年に頭角を現した新鋭、佐藤翔馬 (慶大2年)にも注目。

1
日本記録保持者の渡辺一平(トヨタ自動車)は2分7秒54で2位。 女子200メートル平泳ぎは渡部香生子(JSS)が2分24秒15で勝った。

競泳「ジャパンオープン」 瀬戸が処分解除後の初レースで優勝

ジャパン オープン 競泳 ジャパン オープン 競泳

Tokyo 2020(東京五輪)男子200、400m個人メドレー日本代表に内定の瀬戸大也は、2021年初戦を迎える。 15:40. 41 早川太陽 東海大学 結果・ジャパンオープン2019 男子50m 自由形 決勝• 4:09. 04 男 子 50m 平 泳 ぎ 決 勝 名前 所属 タイム 1 山中 祥輝 ティラド 27. 15:33. 焦りはしなかった」 8日には20歳の誕生日を迎える佐藤は「10代と変わらない勢いで行きたい」と気合十分。 1:51. 快泳で4月の五輪代表選考会に向けて周囲の期待は高まるばかり。

8
しかし、女性問題が報じられたあとは、ひと月近く十分な練習ができない状態が続き、その後は都内の民間プールで一般の利用者に交じって練習する日もあったということです。 15:48. あわせて読みたい• 渡辺一平(TOYOTA/1997年3月18日):100m・200m平泳ぎ 2017、2019年世界選手権200m平泳ぎ銅メダリスト。

競泳 ジャパンオープン|スポーツ|テレ朝チャンネル

ジャパン オープン 競泳 ジャパン オープン 競泳

3:54. 3:50. 8:22. ただし2011年は、2013年は、2020年(21年2月延期分)はで開催。 43 794 綿貫海斗 日本体育大学 予選• 15:35. 不倫問題による活動停止処分の明けた瀬戸大也(26=TEAM DAIYA)は、東京五輪代表権を持つ400メートル個人メドレーに出場。

池江選手は今大会、最終日の女子50メートル自由形のみエントリーしていて、午前の予選ではスタート直後はやや出遅れたものの、中盤以降、スピードに乗った泳ぎをみせて25秒06のタイムをマークし、1着でフィニッシュしました。

ジャパンオープン2020競泳男子・結果速報・ライブ配信

ジャパン オープン 競泳 ジャパン オープン 競泳

2位は2分7秒54で日本記録保持者の渡辺一平(23=トヨタ自動車)。 予選はすべてタイムレースで、上位8名が決勝へ、9~16位の選手がB決勝に進出する。 女子50メートル自由形は大本里佳(ANAイトマン)が24秒75で優勝。

04秒差だった。

【競泳】佐藤翔馬が200平泳ぎV 日本記録に0秒07届かず「まだまだ足りないな」 (2021年2月7日)

ジャパン オープン 競泳 ジャパン オープン 競泳

45 関海哉 日本大学 棄権 井元秀哉 明治大学 男子400m 自由形 決勝 1. 3:54. ただし、800m・1500mはのみ。 瀬戸選手は去年1月、ライバルの萩野公介選手がもつ男子400メートル個人メドレーの日本記録にあと100分の4秒まで迫る自己ベストをマークするなど好調を維持していました。 89 山本悠暉 富士通 棄権 遠藤光 中央大学 棄権 吉田啓祐 日本大学 棄権 山本耕平 ミズノ 棄権 小林祐馬 三重スポ協 男子800m 自由形 タイムレース決勝 1. のジャパンオープン最終日(7日、東京アクアティクスセンター)、男子200メートル平泳ぎ決勝は佐藤翔馬(19=東京SC)が2分6秒74で優勝した。

8
代表の (左)は8位でした。 優勝は自己ベストの24秒75をマークした大本里佳(23=ANAイトマン)。