レイカーズ 対 ピストンズ。 2月7日(現地6日)の試合結果&ハイライト:レイカーズが4連勝、ステフィン・カリーが57得点ほか

レジェンドのシャックがレイカーズ時代の“ラストダンス”を振り返る

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

特に1987年のチームはを倒しNBA歴代最高のチームに選ばれた。

1
と体制となって2年目のロケッツは4シーズンぶりにプレーオフに進出。 背番号は10。

レジェンドのシャックがレイカーズ時代の“ラストダンス”を振り返る

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

しかしコーチ・クーガンはマイカンの力量が名門校でプレーするには足りないと判断し、彼にもっと格下の大学への進学を提案し、そしてマイカンが最終的に決めた進学先が、だった。

7
CBS時代と比べると約4倍の巨額契約だったが、それほどに当時のNBAが魅力的なソフトに成長した証であり、またNBAも「NBAエンターテイメント」制作による試合のハイライトシーンや選手のプライベートを綴ったテレビ番組、「インサイド・スタッフ」をNBCに提供。 外部リンク [ ]• :1957-1959• レイカーズは同デビジョンのロイヤルズと同率の51勝17敗をあげるが、にてレイカーズが勝利し、プレーオフ第1シードの座を手に入れると、プレーオフでは1回戦、2回戦、ファイナル準決勝をいずれも全勝で勝ち上がり、2年連続ファイナルに進出。

ジョージ・マイカン

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

チームが充実しているレイカーズは新勢力ピストンズを破り、マジックにとってはじめての連覇をはたし 5 回目の優勝はたした。 : 2016-2018• これまで数々のドラマチックな試合を演じてきたジョーダンに、ファイナルは最高の相手を用意した。

16
9年間と比較的短命に終わるABAだがアメリカのプロバスケットボールの歴史に無視できない足跡を残す存在となり、そのABAを特徴付けた2つの要素を取り入れたのはマイカン・コミッショナーだった。 外部リンク [ ]• NBL優勝:1947年• トレードでを獲得したが見返りに有能な選手を放出したためしばらくは優勝できなかった。

デトロイトピストンズ V/S ニューオーリンズペリカンズ

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

「神さまがあなたにその身体を与えたのです。 そして 79 年のNCAAチャンピオンシップでこの 2 人は初めて対戦する。 身長208cm、体重111kg、ポジションは。

11
それを最大限に活用しなさい」。

2003

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

ウエスト 136-132 イースト : ()• しかし、多くの選手を怪我で無くしていたチームは機能せず、屈辱のスイープ負け、屈辱のシーズンに幕が降ろされた。 同年のでレイカーズは当時ほとんど無名の存在だったのとフリーエージェントでのを獲得。 マイカンのプレーで最初に注目を浴びたのはそのオフェンス力ではなく、見る者の度肝を抜いたそのディフェンス方法だった。

15
キャリア前半はで過ごし、後半のでは2度の優勝を経験した。 ではが、黒人選手として初めてから2巡目全体13位指名を受ける。

NBAピストンズがペイトン&マローンを加えたレイカーズを倒し、...

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

マイカンはトーナメント期間中平均40得点、3試合で120得点という圧倒的な活躍でトーナメントMVPに選ばれている。

6
では11月2日にで開幕戦の対戦が行われ、第1戦は119-96でサンズが勝利し、第2戦は102-101でジャズが勝利した。

NBAピストンズがペイトン&マローンを加えたレイカーズを倒し、...

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

にはマイカンの盟友、ジム・ポラードも引退し、レイカーズは開幕から負け越す状態が続いた。

20
: 2016-2017• フレッド・シャウス 1960-67, 1962-63, 1965-66• 主力選手の放出、ヘッドコーチの交代など陣容を一新したことで苦戦が予想されたバックスだが、成長著しいマイケル・レッド牽引のもと予想外の健闘を見せた。 Mike Brown 2011-2012• 2年連続ファイナルまで戦ったピストンズにはやや疲れが見られ、またシーズン中にはが故障で離脱し、プレーオフも苦労して勝ち上がってきた。

マジックジョンソンとラリーバード

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

5月13日、が新ヘッドコーチに就任した。 1987年、88年の連覇は1969年のボストン・セルティックス以来であった。 1得点で3年連続の得点王、オールアメリカンに輝いている。

9
刺激的なランニングゲームを展開し、(T)、(M)、(C)のアベレージ20得点を超えるハイスコアトリオはそれぞれの頭文字を取って、当時の人気グループをもじって"ラン・TMC"と呼ばれ、高い人気を誇った。

1990

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

リーグ再編に伴いレイカーズはセントラル・デビジョンに編入した。 NBA史上屈指のシュート力を持つセンターとして知られる。 この変更が功を奏し、特にピッペンのディフェンスはマジックとレイカーズを苦しめ、マジックはこの日14得点に抑えられ、一方ピッペンは20得点10アシストを記録した。

19