アイマス ss ドッキリ。 [mixi]【アイマス・SS】P「例えば僕が死んだら」

【音無小鳥SS】P「アイドルたちにドッキリ?」小鳥「はい!」

ドッキリ アイマス ss ドッキリ アイマス ss

それでは行くとするよ」 ガチャッ バタン 貴音「あなた様、春香。 12 ID:YKgqOsGO0 社長「次は四条くんか」 P「貴音か……どうなる事やら」 春香「あ、あのー」 社長「ん?どうしたんだね天海くん」 春香「私もこっち側で見てていいんですか?」 P「ああ。 ほら、早く」 あずさ「そ、んな……い、嫌……」 P「アイドルの出来損ないのお前が今更拒否できると思ってんのか?」 34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013年08月09日 金 23:27:04 ID: hvjFPhvvP P「その後レイプされたあずささんは事後しばらく休んだあと何も言わずに去って行った」 P「ドッキリと言うタイミングを逃してしまったが、明日は来るだろうと鷹をくくっていたが」 P「残念ながらそれ以降あずささんが事務所に現れることはなかった」 小鳥「でもまあ仕方ないですよ! こういうことがあるからドッキリはやめられないんです!」 P「今俺がどんな気持ちだかわかるか糞鳥」 小鳥「えーぴよちゃんわかんなーい。

17 ID:YKgqOsGO0 スタスタ 貴音「…………」 社長「……四条君」 貴音「…………はい、なんでしょう」 社長「そんなに……落ち込まないでくれたまえ」 貴音「…………」 社長「……着いたね。

モバP「お見合い!」

ドッキリ アイマス ss ドッキリ アイマス ss

』 社長『……真美君……今行っても、彼は……』 真美『うそだぁっ! しばらく君はここにいてくれ』 伊織『っ! 」 伊織「ちょっとちょっと、あれ本気で掴みかかってるわよ……!」 社長『き、菊地くん! わかった」 スタスタ 社長「……」 響「……社長」 社長「……なんだね?」 響「…………ううん……なんでもない」 社長「……我那覇君」 響「ん?何?」 社長「…………ありがとう」 響「……はは……なんくるないさ」 社長「さ、着いたよ……すきな所にかけてくれたまえ」 響「うん……」 ガチャッ P「はいさい」 響「うん……。

19
」 伊織「また始まったわ……言ってて悲しくならないのかしら」 真『…………』 真『……』チラッ 雪歩「…………?」 春香(プロデューサーの机の方見た……) 真『…………プロデューサー……』ボソッ 一同「「「「! 申し訳ない」 社長「ナイス泣き顔だったよ我那覇クゥン! そうだな」 貴音「どうかされたのですか?」 真美「あ!兄ちゃん、もしかしてひびきんがあんまり悲しんでくれなかったからショックうけてる〜?」ンフフ 伊織「あーら残念ねー。 64 ID:YKgqOsGO0 社長「さて……お次は真美君だね」 P「真美、ですか」 春香「うーん、ドッキリだってばれるんじゃないですかね?」 貴音「確かに。

[mixi]【アイマス・SS】P「例えば僕が死んだら」

ドッキリ アイマス ss ドッキリ アイマス ss

75 ID:4TME2BX7o P「えっと…それでなんの話でしたっけ?」 ちひろ「あー…えっと…」 ちひろ「(完全に話の腰を折られちゃった…)」 ちひろ「う、運命の人なんていつ出会えるかわからないものですし、そんな今すぐ結婚を考える必要は無いと思うんですよね!」 ちひろ「ほら、アイドルの子達だってプロデューサーさんの結婚には反対してましたし!」 P「確かに仁奈達の気持ちを聞いて、まだまだ結婚は出来そうもないとは思いましたけど…」 P「でも、やっぱり俺ももう良い歳だし…お見合いとかも考えたくて…」 ちひろ「あーはい!じゃあ、こうしましょう!」 ちひろ「またアイドルの子達に聞いてみたらどうですか!?」 ちひろ「俺が結婚するって言ったらどう思う?」 ちひろ「…的な!」 ちひろ「きっと考え直すはずですよ!」 ちひろ「(アイドルの子達に負けるのはともかく、お見合い結婚なんて絶対にさせないですよ!)」 P「…そうですね。

11
というか打ち所が良くて持病が治ったらしくて感謝された」 春香「なにそれこわいです」 雪歩「うぅぅぅ…………本当にすみまぇん……!」ウルウル P「だ、だから雪歩は全然悪くないんだって!泣かないでくれ!本当にごめん! 」ポロポロ P「い、いや、そんな事はないぞ」 伊織「でも! 看板で俺を叩くのやめて。 何を言っても無駄みたいだ」 社長「うんうん。

アイマスSSまとめ:P「例えば僕が死んだら、そっと忘れて欲しい」

ドッキリ アイマス ss ドッキリ アイマス ss

31 ID:4TME2BX7o 泰葉「でも、それに気づかせてくれたんです…あなた達が」 泰葉「本当にありがとう…」 P「そんな…俺はあくまでキッカケを作っただけさ」 P「気づいたのは泰葉自身なんだから」 P「こちらこそ、俺のことをいつも信じてくれてありがとう」 泰葉「良いんです。 触って確かめてみる?」 P「落ち着け凛。

1
05 ID:YKgqOsGO0 社長「さて、それではキミも極限状態の様だしそろそろ潮時だね」 …… 春香「ぐすっ……! 二人とも。

P「ドタキャンしたことについて怒るドッキリ?」

ドッキリ アイマス ss ドッキリ アイマス ss

いや、そもそも俺は茄子とお見合いなんてしないって」 茄子「そんなの抜きにして結婚ですか?私は全然構いませんよっ!」 P「そうじゃなくて!俺は!765プロの事務員の音無さんとお見合いするの!」 茄子「あははっ、何言ってるんですかプロデューサー。 168• ここで突然のネタばらし」 P「さすがのアイドルもこれには苦笑い」 社長「そういう事だ」 P「そういう事ですか。

12
そうですっ」 バターン! それでは行くとするよ」 ガチャッ バタン 貴音「あなた様、春香。 俺は今週末お見合いに行く訳だが」 ありす「そんな事をしなくても、後四年待てばお見合いなんかスキップしてゴールイン出来ますよ?」 P「そんなに待ってられないって。

【音無小鳥SS】P「アイドルたちにドッキリ?」小鳥「はい!」

ドッキリ アイマス ss ドッキリ アイマス ss

少し残念な気もするが、ここいらが潮時かねぇ」 ガタッ 社長「それでは行って来るとしよう。 80 ID:YKgqOsGO0 貴音「そうです。 また何か企んでるわけ?」 P「いや、流石にドッキリは懲りてるから。

15
ハム蔵も一緒に歌ってるのかな」 真「あはは。 16 ID:YKgqOsGO0 雪歩「…………明日、会えるからって」 雪歩「……また、会えるからって……」 雪歩「私……言わなかったんです……! 28 :M3IcHPpAO P「あっ、そうそうそれでな。