ジクロフェナク na。 医療用医薬品 : ジクロフェナクNa (ジクロフェナクNa錠25mg「YD」)

ジクロフェナクNa錠25mg「サワイ」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

さらに、 A 2 PLA 2 を阻害している可能性もあり、これらがジクロフェナクの高い効果の原因であるかもしれないと考えられている。 Kearney P, Baigent C, Godwin J, Halls H, Emberson J, Patrono C 2006. の鎮痛• 血液異常• また、異常が認められた場合には、減量、休薬等の適切な措置を講ずること。 但し、原則として1日2回までとし、1日最大100mgを限度とする。

16
長期投与する場合には、定期的に臨床検査(尿検査、血液検査及び肝機能検査等)を行うこと。

ジクロフェナクNa徐放カプセル37.5mg「トーワ」

Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

16
使用対象 [ ] 現在用いられている用途 [ ] ジクロフェナクは、、、、、などの鎮痛目的で使用される。 水痘の小児 0歳〜14歳• 重篤な心機能不全のある方(心臓の仕事量を増やし心不全を更に悪化させる)• 〕 出血傾向のある患者〔血小板機能異常が起こることがあるため出血傾向を助長するおそれがある。

医療用医薬品 : ジクロフェナクNa (ジクロフェナクNa点眼液0.1%「SN」)

Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

2.子宮収縮を抑制することがある。 肝臓患者• 慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮すること。 人により副作用の発生傾向は異なります。

主に解熱、のために用いられる。 外傷後の腫脹の鎮痛• ) 重要な基本的注意 CYP2C9を阻害する薬剤 ボリコナゾール等 本剤のCmaxとAUCが増加することがある。

ジクロフェナクNaの効果と副作用【痛み止め・鎮痛剤】

Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

腰痛症の消炎• の場合• (「重要な基本的注意」の項参照) 妊婦、産婦、授乳婦等への投与 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと。 以下の病気・症状がみられる方は、• Mazumdar K, Dutta NK, Dastidar SG, Motohashi N, Shirataki Y 2006. 心臓 [ ] 2004年、選択的COX-2阻害剤によってが起こったため、ジクロフェナクを含む他のNSAIDsの薬剤も同様の副作用を疑われた。

6
消耗性疾患• (小児等への投与) 1.ウイルス性疾患の小児(水痘の小児、インフルエンザの小児等)の患者に投与しないことを原則とするが、投与する場合には慎重に投与し、投与後の患者の状態を十分に観察する。

医療用医薬品 : ジクロフェナクNa (ジクロフェナクNaゲル1%「SN」)

Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

ウイルス性疾患の小児 0歳〜14歳• ](「適用上の注意」の項参照) 高齢者及び小児[副作用、特に過度の体温下降・血圧低下によるショック症状があらわれやすい。 具体的には、 ジクロフェナクナトリウム局所用ゲル1%. 血液異常• 効能・効果• ] 過敏症の既往歴のある患者 気管支喘息のある患者[気管支喘息患者の中にはアスピリン喘息患者も含まれており、それらの患者では重症喘息発作を誘発する。

これらの薬剤の投与により血小板凝集が阻害され、併用により出血傾向が増強すると考えられる。

ジクロフェナクNa錠25mg「サワイ」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

全身性エリテマトーデス• 両剤とも消化管の障害作用をもつため、併用した場合その影響が大きくなるおそれがある。 具体的にどのように作用するのかというと、ジクロフェナクNaなどのNSAIDsはシクロオキシゲナーゼ COX という物質のはたらきをブロックするはたらきがあります。

19
このうち、主に炎症に関わっているのはCOX2であるため、COX2を集中的に抑える事ができると副作用少なく炎症だけを抑えることができます。