天体 観測 歌詞。 夏代孝明 天体観測

天体観測/BUMP OF CHICKEN

観測 歌詞 天体 観測 歌詞 天体

BUMP OF CHICKEN 『天体観測』作詞・藤原基央 解説(仮説) 1. 一つ一つの歌詞の間が短くなっていて、 「君」に思いを伝えたい「僕」の必死さや溢れ出す想いが伝わってくるんですよね・・ それと、 「ただ一つ今も思い出すよ」の後に 一区切り大きい間が入ることによって、 次の 「予想外の雨の時の君と僕 」という 「ただ一つ今も思い出す場面」を より強調して「聴かせる」、そして最後のサビに持っていくという表現も、 何回も聞いた今でも感動せざるを得ません。 「僕は元気でいるよ 心配事も少ないよ ただひとつ 今も思い出すよ 予報外れの雨に打たれて 泣きだしそうな君の震える手を 握れなかった あの日を」 ここで冒頭のラジオの天気予報とつながります。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

17
また、ほうき星(流星)は願いごとの象徴であり、流星探しは夢を追う姿に重なります。 回答は人それぞれだったのですけど、だいたいこんな感じにまとまりました。

歌詞 「天体観測」BUMP OF CHICKEN (無料)

観測 歌詞 天体 観測 歌詞 天体

「気が付けばいつだって ひたすら何か探している 幸せの定義とか 哀しみの置き場とか 生まれたら死ぬまで ずっと探している さぁ 始めようか 天体観測 ほうき星を探して」 彼氏さんにとって天体観測(流星探し)は生涯の課題であり、非常に重要なものであることが示唆されます。 BUMP OF CHICKENさん『天体観測』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

けれど、彼女はその世界についてゆけず、弱い僕はそんな彼女の手を握ることができず、離れていってしまう。

BUMP OF CHICKEN/天体観測

観測 歌詞 天体 観測 歌詞 天体

ファンではないので、作詞の藤原基央の顔も経歴も知りません(6thまでのアルバムは全部持っていましたが)。 4000文字・・・・・ 今回はBUMPの代表曲である 「天体観測」について語らせてもらいました。 解釈は人それぞれでいいと思うんで。

14
時系列は変わらず「君がいない現在」です。

夏代孝明 天体観測

観測 歌詞 天体 観測 歌詞 天体

は、彼氏さんが「イマ」にのめり込みすぎて、幻想の中で彼女と出会っているとも解釈できます(笑). にかかっています。 僕も最初はロックバンド特有のおしゃれ表記かなと・・・笑 でもこれ、この歌の各サビで登場しているんですよね・・・ 「君と二人で追いかけていたイマ」、 「一人で追いかけているイマ」、 「君と二人で追いかけるイマ」と、大きく分けて 3 回も違う場面で使われています。

<僕の好きポイント> と、唐突に始まった謎コーナーですが、こうしないと全部話しまくって、 結局コイツはどこが好きなんだよぉ!!!、となってしまいそうなので このコーナーを各場所に設けることにしました・・・笑 (1)「二分後に君が来た 大げさな荷物しょって来た」 いや、開幕なんか地味なところ拾ってきたな!! というツッコミは一旦待ってください!!!!笑 この歌詞の何が好きかって、 ブーメランみたいなこと言ってるトコなんですよ 「大げさな荷物」と言ってる辺り、「僕」は二分後にやってきた「君」に対して、 おうおうおう、お前めっちゃ準備してて、すっげ え やる気あるなぁ みたいな感想を持ってると思うんですよ。 また同じ時間場所で待ち合わせることを書いて。

【替え歌】天体観測「暴飲暴食」BUMP OF CHICKEN うた:たすくこま

観測 歌詞 天体 観測 歌詞 天体

それに対し、彼女はに応答し、イマを抜けだし、現実社会の中に戻っていったわけです。 午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった ベルトに結んだラジオ 雨は降らないらしい 二分後に君が来た 大袈裟な荷物しょって来た 始めようか 天体観測 ほうき星を探して 深い闇に飲まれないように 精一杯だった 君の震える手を 握ろうとした あの日は 見えないモノを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ 静寂を切り裂いて いくつも声が生まれたよ 明日が僕らを呼んだって 返事もろくにしなかった 「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけていた 気が付けばいつだって ひたすら何か探している 幸せの定義とか 哀しみの置き場とか 生まれたら死ぬまで ずっと探している さぁ 始めようか 天体観測 ほうき星を探して 今まで見つけたモノは 全部覚えている 君の震える手を 握れなかった痛みも 知らないモノを知ろうとして 望遠鏡を覗き込んだ 暗闇を照らす様な 微かな光 探したよ そうして知った痛みを 未だに僕は覚えている 「イマ」という ほうき星 今も一人追いかけている 背が伸びるにつれて 伝えたい事も増えてった 宛名の無い手紙も 崩れる程 重なった 僕は元気でいるよ 心配事も少ないよ ただひとつ 今も思い出すよ 予報外れの雨に打たれて 泣きだしそうな 君の震える手を 握れなかった あの日を 見えてるモノを見落として 望遠鏡をまた担いで 静寂と暗闇の帰り道を 駆け抜けた そうして知った痛みが 未だに僕を支えている 「イマ」という ほうき星 今も一人追いかけている もう一度君に会おうとして 望遠鏡をまた担いで 前と同じ 午前二時 フミキリまで駆けてくよ 始めようか 天体観測 二分後に君が来なくとも 「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけている. だって、そんなにやる気に満ち溢れてる奴より 2 分前に集合場所に到着した人物がいるじゃないですか・・・ そう、「僕」も「君」に負けない位、 天体観測への熱意が満ち溢れてるんですよ!! って考えると、僕 ブログ筆者)はこの会話?、感想?みたいな歌詞が、 登場人物たち 僕の中では少年2人 の 純粋な熱意が微笑ましく表れてるように見えるんですよ。

*「君の振るえる手を握れなかった」ことに対してのためらいがあって、送ることが出来なかった。 成長して自分はついに手紙を出す。

天体観測 BUMP OF CHICKEN 歌詞情報

観測 歌詞 天体 観測 歌詞 天体

・「イマ」 まず、思ったのが(なんでカタカナなん?)ってコト。 午前二時 ごぜんにじ フミキリに 望遠鏡 ぼうえんきょうを 担 かついでった ベルトに 結 むすんだラジオ 雨 あめは 降 ふらないらしい 二分後 にふんごに 君 きみが 来 きた 大袈裟 おおげさな 荷物 にもつしょって 来 きた 始 はじめようか 天体観測 てんたいかんそく ほうき 星 ぼしを 探 さがして 深 ふかい 闇 やみに 飲 のまれないように 精一杯 せいいっぱいだった 君 きみの 震 ふるえる 手 てを 握 にぎろうとした あの 日 ひは 見 みえないモノを 見 みようとして 望遠鏡 ぼうえんきょうを 覗 のぞき 込 こんだ 静寂 せいじゃくを 切 きり 裂 さいて いくつも 声 こえが 生 うまれたよ 明日 あしたが 僕 ぼくらを 呼 よんだって 返事 へんじも ろくにしなかった 「イマ」という ほうき 星 ぼし 君 きみと 二人 ふたり 追 おいかけていた オーイエー アハーン 気 きが 付 つけば いつだって ひたすら 何 なにか 探 さがしている 幸 しあわせの 定義 ていぎとか 哀 かなしみの 置 おき 場 ばとか 生 うまれたら 死 しぬまで ずっと 探 さがしている さぁ 始 はじめようか 天体観測 てんたいかんそく ほうき 星 ぼしを 探 さがして 今 いままで 見 みつけたモノは 全部 ぜんぶ 覚 おぼえている 君 きみの 震 ふるえる 手 てを 握 にぎれなかった 痛 いたみも 知 しらないモノを 知 しろうとして 望遠鏡 ぼうえんきょうを 覗 のぞき 込 こんだ 暗闇 くらやみを 照 てらす 様 ような 微 かすかな 光探 ひかりさがしたよ そうして 知 しった 痛 いたみを 未 いまだに 僕 ぼくは 覚 おぼえている 「イマ」という ほうき 星 ぼし 今 いまも 一人 ひとり 追 おいかけている オーイエーアハーン 背 せが 伸 のびるにつれて 伝 つたえたい 事 ことも 増 ふえてった 宛名 あてなの 無 ない 手紙 てがみも 崩 くずれる 程重 ほどかさなった 僕 ぼくは 元気 げんきでいるよ 心配事 しんぱいごとも 少 すくないよ ただひとつ 今 いまも 思 おもい 出 だすよ 予報外 よほうはずれの 雨 あめに 打 うたれて 泣 なきだしそうな 君 きみの 震 ふるえる 手 てを 握 にぎれなかった あの 日 ひを 見 みえてるモノを 見落 みおとして 望遠鏡 ぼうえんきょうを また 担 かついで 静寂 せいじゃくと 暗闇 くらやみの 帰 かえり 道 みちを 駆 かけ 抜 ぬけた そうして 知 しった 痛 いたみが 未 いまだに 僕 ぼくを 支 ささえている 「イマ」という ほうき 星 ぼし 今 いまも 一人 ひとり 追 おいかけている もう 一度 いちど 君 きみに 会 あおうとして 望遠鏡 ぼうえんきょうを また 担 かついで 前 まえと 同 おなじ 午前二時 ごぜんにじ フミキリまで 駆 かけてくよ 始 はじめようか 天体観測 てんたいかんそく 二分後 にふんごに 君 きみが 来 こなくとも 「イマ」という ほうき 星 ぼし 君 きみと 二人 ふたり 追 おいかけている オーイエー アハーン ヌアァー アハーン 午前二時 gozenniji フミキリ fumikiri に ni 望遠鏡 bouenkyou を wo 担 katsu いでった idetta ベルト beruto に ni 結 musu んだ nda ラジオ rajio 雨 ame は ha 降 fu らないらしい ranairashii 二分後 nifungo に ni 君 kimi が ga 来 ki た ta 大袈裟 oogesa な na 荷物 nimotsu しょって syotte 来 ki た ta 始 haji めようか meyouka 天体観測 tentaikansoku ほうき houki 星 boshi を wo 探 saga して shite 深 fuka い i 闇 yami に ni 飲 no まれないように marenaiyouni 精一杯 seiippai だった datta 君 kimi の no 震 furu える eru 手 te を wo 握 nigi ろうとした routoshita あの ano 日 hi は ha 見 mi えない enai モノ mono を wo 見 mi ようとして youtoshite 望遠鏡 bouenkyou を wo 覗 nozo き ki 込 ko んだ nda 静寂 seijaku を wo 切 ki り ri 裂 sa いて ite いくつも ikutsumo 声 koe が ga 生 u まれたよ maretayo 明日 ashita が ga 僕 boku らを rawo 呼 yo んだって ndatte 返事 henji も mo ろくにしなかった rokunishinakatta 「 イマ ima」 という toiu ほうき houki 星 boshi 君 kimi と to 二人 futari 追 o いかけていた ikaketeita オ oー イエ ieー アハ ahaー ン n 気 ki が ga 付 tsu けば keba いつだって itsudatte ひたすら hitasura 何 nani か ka 探 saga している shiteiru 幸 shiawa せの seno 定義 teigi とか toka 哀 kana しみの shimino 置 o き ki 場 ba とか toka 生 u まれたら maretara 死 shi ぬまで numade ずっと zutto 探 saga している shiteiru さぁ saa 始 haji めようか meyouka 天体観測 tentaikansoku ほうき houki 星 boshi を wo 探 saga して shite 今 ima まで made 見 mi つけた tsuketa モノ mono は ha 全部 zenbu 覚 obo えている eteiru 君 kimi の no 震 furu える eru 手 te を wo 握 nigi れなかった renakatta 痛 ita みも mimo 知 shi らない ranai モノ mono を wo 知 shi ろうとして routoshite 望遠鏡 bouenkyou を wo 覗 nozo き ki 込 ko んだ nda 暗闇 kurayami を wo 照 te らす rasu 様 you な na 微 kasu かな kana 光探 hikarisaga したよ shitayo そうして soushite 知 shi った tta 痛 ita みを miwo 未 ima だに dani 僕 boku は ha 覚 obo えている eteiru 「 イマ ima」 という toiu ほうき houki 星 boshi 今 ima も mo 一人 hitori 追 o いかけている ikaketeiru オ oー イエ ieー アハ ahaー ン n 背 se が ga 伸 no びるにつれて birunitsurete 伝 tsuta えたい etai 事 koto も mo 増 fu えてった etetta 宛名 atena の no 無 na い i 手紙 tegami も mo 崩 kuzu れる reru 程重 hodokasa なった natta 僕 boku は ha 元気 genki でいるよ deiruyo 心配事 shinpaigoto も mo 少 suku ないよ naiyo ただひとつ tadahitotsu 今 ima も mo 思 omo い i 出 da すよ suyo 予報外 yohouhazu れの reno 雨 ame に ni 打 u たれて tarete 泣 na きだしそうな kidashisouna 君 kimi の no 震 furu える eru 手 te を wo 握 nigi れなかった renakatta あの ano 日 hi を wo 見 mi えてる eteru モノ mono を wo 見落 mio として toshite 望遠鏡 bouenkyou を wo また mata 担 katsu いで ide 静寂 seijaku と to 暗闇 kurayami の no 帰 kae り ri 道 michi を wo 駆 ka け ke 抜 nu けた keta そうして soushite 知 shi った tta 痛 ita みが miga 未 ima だに dani 僕 boku を wo 支 sasa えている eteiru 「 イマ ima」 という toiu ほうき houki 星 boshi 今 ima も mo 一人 hitori 追 o いかけている ikaketeiru もう mou 一度 ichido 君 kimi に ni 会 a おうとして outoshite 望遠鏡 bouenkyou を wo また mata 担 katsu いで ide 前 mae と to 同 ona じ ji 午前二時 gozenniji フミキリ fumikiri まで made 駆 ka けてくよ ketekuyo 始 haji めようか meyouka 天体観測 tentaikansoku 二分後 nifungo に ni 君 kimi が ga 来 ko なくとも nakutomo 「 イマ ima」 という toiu ほうき houki 星 boshi 君 kimi と to 二人 futari 追 o いかけている ikaketeiru オ oー イエ ieー アハ ahaー ン n ヌアァ nuaaー アハ ahaー ン n. 空ばっかり見て(夢ばかり追いかけて)、目の前の現実のモノは見落として(例えば彼女の気持ち)、それでもイマの中にいることにこだわり、走り続けます。

「知らないモノを知ろうとして 望遠鏡を覗き込んだ 暗闇を照らす様な 微かな光 探したよ そうして知った痛みを 未だに僕は覚えている イマという ほうき星 今も一人追いかけている」 彼女との天体観測のあの日を思い出しながら、いまも一人で星を追いかけ続けている姿が描かれます。 「深い闇に飲まれないように 精一杯だった 君の震える手を 握ろうとした あの日は」 これも11. この曲は割と語られつくされた感があるので、あまり多くは語らないようにしようとした結果でも4000文字を超えるとは・・・・・ BUMPの凄いところに、 「解釈が人それぞれでできる」という点があると思います。