神戸 市バス 75 系統。 神戸市バス系統一覧表

神戸市共同運行路線|路線バス|神姫バス株式会社

系統 神戸 市バス 75 系統 神戸 市バス 75

この路線は、起点から起点に戻ってくるという形態を取っている運行路線である点が特色的である。 摩耶ケーブル下前後で「」の中を通り抜ける唯一のバス路線で、春の満開時には地域ニュースなどで取り上げられることもある。 つまり、上り線(神戸駅前方面行き)は明泉寺橋から宮川町9丁目交差点に入ると交差点を直進し、長田8丁目付近の交差点に至り左折して一方通行の狭い坂を上がり、その後旧市道長田線に至る交差点で右折し旧市道長田線上にある長田8丁目停留所に着車する路線であり、これに対して、下り線(大日丘住宅前方面行き)は長田5丁目を出ると、直進し旧市道長田線上にある長田8丁目停留所を経由し市道房王寺線に至った後に、左折し坂を下った後に宮川町9丁目交差点に至り右折するという路線であった。

5
三宮からの摩耶ケーブル下止まりは路線開設してからは全便であったが、六甲道行きが設定されてからは一便も設定されていない。 中型車両での運行がある。

神戸市バス松原営業所

系統 神戸 市バス 75 系統 神戸 市バス 75

73:妙法寺駅 - 友が丘 - 北須磨団地• 75:妙法寺駅前 - 啓明学院前 - 高倉台南口 - 須磨駅前 - 須磨一ノ谷• 76 : 名谷駅前 - 名谷公園前 - 神の谷5丁目 - 神戸医療センター前 - 名谷駅前 概要 から神戸医療センター、神の谷5丁目を経由し名谷駅に向かう一方通行の循環路線である。

3
62系統 [ ] 運行区間• バス乗換路線• 運賃は対区間制である。

神戸市バス中央営業所

系統 神戸 市バス 75 系統 神戸 市バス 75

また、ハイブリッド車両での運行もある。 西側一部区間では(旧7系統)が並走するが、もとは神戸市バスとの共同運行路線(神戸市バスでは61系統を名乗った。 車両面では、しあわせの村発着路線ではいち早く、12月6日から全便での運行となり、それ以前はリフトバスでの運行だったため、他のしあわせの村発着路線と比べれば早くからの面では充実されているといえる。

9
周辺道路の整備にあわせて、青山台までの延伸と一部区間の経路変更を実施している。

神戸市バス落合営業所

系統 神戸 市バス 75 系統 神戸 市バス 75

ダイヤおよび停留所 前述のとおり、平日・土曜・休日とも朝夕は本数が多い(平日で最短5分毎、土曜で最短10分毎、休日で最短15分毎)が、昼間は午前が摩耶埠頭先回りで1時間あたり1〜2本、午後が日赤病院先回りで1時間あたり1〜2本の運行となっている。 垂水営業所単独の担当が長く続いたが、現在は落合営業所単独で担当している。

1
また、最終便は東白川台西通りが終点となる。

75系統停留所一覧

系統 神戸 市バス 75 系統 神戸 市バス 75

土曜・休日は概ね1時間に2本で、全時間帯で平日よりも本数が多く設定されている。 つまり、終点である大日丘住宅前が終点でなく経由地であり、そのまま神戸駅前まで戻ってくるという半循環路線である。 一部の便は摩耶埠頭東を通る。

HAT神戸が街びらきしたときに当初は臨時系統として開設され、当初は六甲口から阪急王子公園までは92系統と同じルートを走っていたが、後に灘区役所が桜口へ移転するのに伴い桜口を経由する路線となり、HAT神戸では県立美術館や神戸赤十字病院などの開設にあわせバス停が新設された。

電車・バスでのアクセス

系統 神戸 市バス 75 系統 神戸 市バス 75

新開地経由便と七宮町経由便の割合は、ほぼ2:1である。 しかし、二葉町が終点となるため、二葉町から引き続き乗車する場合でも一旦下車する必要がある。 ダイヤおよび停留所 平日は、7時~21時にかけて毎時1~2本運行されている。

17
運転士用時刻表や販売用カード入れに、市直轄の営業所のものとは形式が異なっている、阪急バス標準形式のものを使用している点などで違いを見つけることができる。 4系統 [ ] 運行区間 4:神戸駅前 - 新開地 - 前 - 西市民病院前 - - 丸山 - 大日丘住宅前 路線の形態• また、駒ヶ林公園が廃止され、新長田駅前から大橋5丁目から駒ヶ林町を経由し二葉町を終点とし、 二葉町から新長田駅前方面へと行く末端一方向循環になった。

神戸市共同運行路線|路線バス|神姫バス株式会社

系統 神戸 市バス 75 系統 神戸 市バス 75

摩耶ケーブル下止まりの便の設定は六甲道方向から夜1便のみであるが、行楽期には昼間時にも摩耶ケーブル下止まりの臨時便が運行されることもある。

7
新長田以東を循環する路線に再編され、七宮町経由は96系統、新開地経由は95系統に変更された。