銀行 振込 領収 書。 銀行振込だと領収証を発行しない?

税理士ドットコム

振込 領収 書 銀行 振込 領収 書 銀行

ただ、税務上は、基本的に代金の支払いの事実が確認できれば、それ以上特に問題とすることはありません。 ただし、訂正した領収書が必ずしも有効ではなく、訂正が認められないこともあることを理解し発行には注意しましょう。 発行すると、購入者の手元にある明細書と、店舗発行の領収書が存在することになるため、 二重計上の危険がある。

3
とまあ、とんでもなく穴のある書き方になっているように思えるのだが、日本の商慣習上は「領収証の発行を請求されたらそれに応じるべき」と考えられている。 また、「ちゃんと金銭を支払ったよ!」という事実が証明できる情報が記載されていれば、 レシートや納品書、請求書なども領収書の代わりとして認められます。

売買代金の銀行振込では領収書は発行しない?

振込 領収 書 銀行 振込 領収 書 銀行

領収書ではないので、5万円以上の支払いでも、収入印紙を貼る必要はありません。

15
ここでいうポイントとは、〇ポイント=〇円のクーポンとして使えるものを指します。 領収書に記載する金額はいくら 領収書には実際に手にした金額を記載することになります。

領収書の発行は義務なのか?

振込 領収 書 銀行 振込 領収 書 銀行

どちらの選択肢もアリでしょうか? また、法律的、税務的に落度はないでしょうか? よろしくお願いいたします。 つい最近、我々のあいだで議題になったことがあります。 これは銀行が発行するものなので厳密には領収書ではありませんが、支払の証拠として扱うことができます。

7
民法 (受取証書の交付請求) 第486条 弁済をした者は、弁済を受領した者に対して受取証書の交付を請求することができる。 ここで注意が必要な点は、領収書の発行は、代金の受領者の義務であるという点です。

銀行から受け取った振込明細 申告に必要な「領収書」になる?

振込 領収 書 銀行 振込 領収 書 銀行

通常は領収書が証拠となりますが、支払いの方法や状況によっては領収書をもらうことが難しいケースもあるものです。

ただし、発行を依頼されたら、発行しても問題はない。

銀行から受け取った振込明細 申告に必要な「領収書」になる?

振込 領収 書 銀行 振込 領収 書 銀行

領収書の日付は金銭を受け取った日 金銭を先に受け取って仮の領収書をその場で発行した時、後日、正式な領収書を発行することになります。 誰かコメント欄で教えてくだされ!. ・銀行の振込金受取書(振込明細書)・預金通帳 銀行振込での取引の場合は、振込金受取書(振込明細書)が発行されます。 また、最近では「電子帳簿保存法の改正」もあり、書類の電子化をより業務に活用できるようになりました。

9
ポイントは「値引き」扱いになりますので、値引きした分は金銭を受け取らないことになります。

領収書の日付の注意点

振込 領収 書 銀行 振込 領収 書 銀行

振込明細は、金融機関が振込金を受取り、振込先に送金したことを証明するものなので、金銭のやり取りがあったことの証拠になります。 銀行振込の際は、どうなのか。 民法486条は任意規定のため「振込明細書をもって領収書の発行に代える」など事前に合意がある場合は、合意が優先になるため、領収書の発行は求められません。

2
出費を証明するために保存しておくべき書類 領収書をもらえなかった場合や紛失してしまった場合などには、以下のような書類が領収書の代わりに出費を証明することに役立ちます。